お知らせ

【ラウンドテーブル】1日目「実践し省察するコミュニティ」ゾーンB(教師)の内容について

Zone B 教師 学び続ける教師を育てる<人>と<組織>のパラダイムを考える

【ラウンドテーブル】1日目「実践し省察するコミュニティ」ゾーンA(学校)の内容について

Zone A 学校 子どもたちのコミュニティを支える教師のコミュニティ:学校を変える
6月のラウンドテーブルに引き続き,テーマ「子どもたちのコミュニティを支える教師のコミュニティ」を前提として,今回は「学校を変える」という動的ネーミングを設定しました。学校での中心的な営みは「授業」であり,授業を変えることが学校を変えることにつながると考えられます。教科指導と生活指導(生徒指導)という2つの軸のとらえ方がありますが,この2つは別物ではなく,授業の中でこそ子どもを理解し子どもをケアすることが大事であり,授業そのものの組み替えが,子どもをまるごと理解し支援していくことにつながります。教科指導と生活指導の統一が不可欠です。また,学校を変えるためには,教師個人の営みとしての授業研究のレベルを超えて,学校として組織的に授業研究に取り組むことが極めて重要であり,そのためには,教師の同僚性・協働こそが非常に大事になると考えられます。今回設定した「学校を変える」というテーマは,授業を中軸に置きながら,それぞれの職場で授業研究をどのように組織化していくのかという課題に迫ろうとするものです。学び合う教師のコミュニティが原動力となった学校改革・授業改革の実践事例を手がかりに議論を広げ深めていきたいと考えています。

【お知らせ】教職大学院ニュースレター№49について

教職大学院ニュースレター№49をアップロードしました。今回は、2月16日(土)に開催した長期実践研究報告会にあわせて刊行しました。1月末日を締切とした長期実践研究報告(修士論文に代わるもの)ですが、内容が格段に充実してきています。裏をかえせばそれだけ院生のハードルが高くなっているということで、特に働きながら学んでいるリーダー院生の報告書の文章は、血と汗と涙の結晶であると言っても過言でありません。一人100頁に及ぶ実践記録は、後進の貴重な羅針盤となるものと確信しています。
このニュースレター№49の内容を見てみると、他大学との交流が広がっていることを実感します。県を超えて新たな教師教育を模索する分散コミュニティの役割が益々重要になってくることを予感します。その分散コミュニティが一堂に会する機会として、3月2日・3日に福井大学で実施します福井ラウンドテーブルについてのより踏み込んだ内容を公開しています。締切は過ぎましたがまだ参加申込み可能ですので是非御参会いただきますようお願いします。

【ラウンドテーブル】参加申込みの受付開始!

平成25年3月2日、3日両日に開催します「実践し省察するコミュニティ 実践研究福井ラウンドテーブル2013スプリングセッション」の参加受付を開始いたしました。いつもの通り、このページに添付してあります参加申込書(Excelファイル)に必要事項を御記入いただき、指定されたメールアドレス(dpdtfukui@yahoo.co.jp) まで添付にて送付してください。1日目(3月2日)のSessionⅡおよびSessionⅢの選択項目ですが、チラシを参考にしてお決めください。第1次チラシでは情報が不十分なところもあります。今後順次、詳しい情報をアップしていく予定です。また、2日目のラウンドテーブルの参加者および報告者も募集しています。学校教育や社会教育等に携わっている専門職の実践について小グループでじっくり吟味する時間となっています。参加者は報告者の実践をじっくりと聴く、報告者は自分の実践をじっくりと語り、多様なジャンルの違う専門家等からの意見をもらいます。このような活動を通してお互いの実践に新たな視点と展望を拓くことが期待できます。積極的な参加をお願いします。

【ラウンドテーブル】実践し省察するコミュニティ 福井ラウンドテーブル2013の1次チラシについて

実践し省察するコミュニティ 実践研究福井ラウンドテーブル2013 spring sessionsの第1次案内チラシができましたので添付いたします。今年度は、3月2日(土)および3日(日)の両日に渡り、福井大学文京キャンパスにて開催予定です。構成は、例年通り 1日目は、ZoneA:学校、ZoneB:教師、ZoneC:コミュニティ、ZoneD:授業の4つのZoneと3つのセッション、2日目は、地域や専門を超えた小グループによる実践報告をラウンドテーブル形式で行う予定です。ZoneDは、これまで教科というテーマを掲げていましたが、教科を超えた授業について学び合うゾーンにしたいという意図から、テーマを「授業」に変えました。また、今回も前回のサマーセッションと同じように、1日目のスタート前にプレフォーラムを組む可能性があります。決まり次第お知らせします。なお、参加申込みはこのホームページから申込み様式をダウンロードして必要事項を御記入いただき、メール添付にて送っていただくという方法で行います。(今回は、申込みフォームは添付されていません)参加申込みは、もうしばらくお待ちください。

【入試情報】教職大学院2次入試について

福井大学教職大学院の2次入試願書受付期間が迫ってきました。
出願期間:平成25年1月15日(火)~1月18日(金)〔最終日は17時まで〕
となっています。受験を希望されている人は、期間内での手続きをお願いします。
なお、出願しようかどうか迷っている人は、随時相談を受け付けます。福井大学入試課へ電話いただくかE-mailで問い合わせてください。入試要項にある事前相談窓口教員に直接お電話いただいても構いません。(この場合、不在の可能性もあります)
問い合わせ先 福井大学学務部入試課 ℡: 0776-27-9927 E-mail:g-nyusi@ad.u-fukui.ac.jp
                      窓口教員:松木健一(専攻長) ℡: 0776-27-8729 E-mail:matsuki@f-edu.u-fukui.ac.jp

【お知らせ】教職大学院ニュースレター№48について

教職大学院ニュースレター№48をアップロードしました。今回の特集は、大阪教育大学主催の「スクールリーダーフォーラム」に参加した教員・院生の感想です。大阪教育大学夜間大学院は、福井大学教職大学院と同じで現職の教員が現職のまま大学院で学んでいるという点で共通しています。院生同士の交流では、働きながら学ぶ者同士だからわかる苦労や喜び、意気込みなどが共有され、双方共に有益だったのではないかと思います。学会での発表や交流など県や国を超えて学び合うコミュニティが形成されつつあることを実感します。

【入試情報】平成25年度第2次学生募集要項について

平成25年度福井大学大学院教育学研究科教職開発専攻(教職大学院)第2次学生募集要項をアップロードしました。右下の「入試情報」からダウンロードできます。併せて教職専門性開発コース用のポスター(ストレート用)とスクールリーダー養成コース用のポスター(リーダー用)もアップしました。大学院入試を検討されている方は、是非ダウンロードしてください。
2次入試のスケジュールは、次の通りです。
1 事前説明会 平成24年12月22日(土) 13:00~17:00(教職大学院は15:00~17:00) 場所:福井大学文京キャンパス
総合研究棟Ⅰ(13階会議室)
2 出願期間   平成25年1月15日(火)~18日(金)
3 ガイダンス  平成25年1月26日(土)10:00~12:00 場所:福井大学文京キャンパス総合研究棟Ⅴ(6階コラボレーションホール)
4 選抜期日   平成25年2月9日(土) 9:00~ 場所:福井大学文京キャンパス総合研究棟Ⅴ(1~2階講義室)
5 合格発表   平成25年2月19日(火)10:00~
6 募集人員   教職専門性開発コース   :若干名
           スクールリーダー養成コース:若干名

【お知らせ】教職大学院ニュースレター№47について

教職大学院ニュースレター№47をアップしました。トップページ上部にある資料からダウンロードできます。福井大学教職大学院ニュースレターは、県内全ての学校と県内外関係機関等に送付していますが、お手元にない場合は是非ダウンロードしてください。気付いてみれば、このニュースレターも節目となる50号が近づいてきました。これだけの回数を続けるのは、一人の努力ではとても難しいことです。もしかしたら福井大学教職大学院自身の「協働」の証なのかも知れません。このような意味からも今後100号、150号と続いていくことができれば、それは協働の輪が広がっていくことと同義なのかも知れません。読者の皆様も是非この協働の輪なかに入ってニュースレターとそして福井大学教職大学院を育てていただきますようよろしくお願いします。

【お知らせ】教職大学院ニュースレター№46について

教職大学院ニュースレター№46をアップロードしました。今回は、夏の集中講座における「学び」の記録を特集しました。一方中央教育審議会「教員の生活の全体を通じた教員の資質能力の総合的な方策について」(答申)を受けて、大学間の交流も盛んになってきました。答申には、今後の改革の方向性の中で「教員の修士レベル化」の受け皿として教職大学院の拡充があげられています。改革の方向性に沿った教職大学院をどのように構築していくのかを互いの実践を通して学び合うことは、教職大学院の発展のために必要不可欠のプロセスであろうと考えます。そういった意味では、教職大学院自体も新たなステージに突入したことを実感します。今回は、福井大学教職大学院の夏の集中講座に他大学の先生方にも「参加」いただいて多くの示唆をいただきました。その記録も掲載させていただきました。このような交流によってそれぞれの大学や大学院がお互いに発展し、答申に描かれたミッションを達成できるしくみを創りあげていくことが急務であると思います。

コンテンツ配信