連合教職大学院の概要

学校のリーダーを育て、「学校拠点方式」基づき学校の課題を解決し、高い教師力を目指す連合教職大学院

 ネットワークを通じて世界的な規模で知識・技術の交流と共有が進み、政治・経済・文化をはじめとするあらゆる領域で、質の高い知的な恊働活動がより多くの人々に求められる社会が現実のものとなりつつあります。そうした21世紀の知識基盤社会に生きる力を培うために、子どもたち自身が探求し、コミュニケーションし、協働する力を培う学校教育の実現が求められています。そして、その実現は学校を担う教員の専門的力量と協働の努力にかかっています。  福井大学大学院教育学研究科は、21世紀の学校教育を担う中核的な教員の専門的力量の開発を目的として、教職開発専攻(教職大学院)を開設しました。平成30年4月からは奈良女子大学と岐阜聖徳学園大学と連合教職大学院を構成し、特色ある附属学校・拠点学校における実践研究を活かして、新しい教師教育を実践します。
  教職大学院の概要

7つの特徴

  • 学部卒院生は年間を通した実習を通じて、教師としての高度な協働実践力を身につけます。
  • 現職教員院生は、所属校に勤務しながら、大学教員や同僚とともに学校の課題に取り組み、協働実践力の質を高めます。
  • 今日的課題に焦点を当てた協働研究を支援します。
  • 大学教員がチームでバックアップします。
  • 大学教員は幼・小・中・高・特別支援の学校現場へ出向きます。
  • 学校行事等に配慮した集中的な講座を開設します。
  • 全国の教職大学院や優れた実践とつながります。
 
学位 教職修士(専門職)
修業年限 原則として2年(1年を許可する場合もある)
必要修得単位 学校における実習(10単位)、共通科目(20単位)、コース別選択科目(15単位) 計45単位以上
入学定員 40名/現職教員、学部進学者